藤田菜七乳幼児ジョッキーから笑いが消えた原因

16世代振りのJRA母親ジョッキーとして注目された藤田菜七乳幼児ジョッキー。今日4勝を上げて検討していると思います。
ただ、同期の駆け出しの中ではスゴイ騎乗数での4勝は物足りないと言われてしまっても仕方ないと思います。
2たびの落馬もチャレンジ、幸運に大事に至らなかったようですが、本当の競馬の怖さとか難しさを痛感しているかもしれませんね。
笑顔で気違いに答えることも少なくなってきました。
競馬は娯楽の世界中だ。今は題材性もかり、騎乗頻度は多いと思いますが、勝てなくなると一気に載せてくれなくなります。
メディアの直撃もひと段落していると思いますので、もう一度わたしを見つめなおして、将来どうしたらいいのかを考えて欲しいなと思います。
よりストイックに競馬に取り組む期間だ。
ひよっこの我らに言われなくても本人がベスト分かっている要所。どこが腹黒いかなんかも分かっているというんです。
真価以上に名物が先行してしまった感覚があり、自分も耐え難いです、
ただ、依然通年も経っていないのです。何とかいただいたチャレンジを見込める機会に頑張ってほしいとしてある。
やっぱり母親ジョッキーがいると華やかになります。今までの母親ジョッキーのように辞めてしまわずにこれからも活躍してほしいとしてある。