通じるのが難しいという感じたら深呼吸を

琵琶湖は平年一斉、深呼吸をしているそうです。これは、湖の表層の水って、固定の水が混ざり合う「全ペース」という出来事のことを、とある地元の新聞紙で「深呼吸」という表現したものです。こういう全ペースにて湖全体の酸素濃度が均一に罹るそうで、湖の生き物にとっては重要な出来事だそうです。こういう全ペースが大幅に遅れた時期があり、そのときは湖に住む生き物が大量に死んでいるのが見つかったそうです。地上に通じる方にとっても調のペースは非常に重要で、仮にそれが詰まるようなことがあれば、いっきに死体の山々になってしまうでしょう。低酸素状態になるという息苦しくなりますが、これは、通じるのが厳しいスピードとも言えます。健在や財産、知人などの問題で通じるのが忌まわしいと感じているときは、水や調のペースと同じで、何かのペースが滞っていらっしゃることが多いと言います。それが何なのかがわかれば最良いいのですが、何やらわからないので視点が解決しないわけです。そんなときは息が浅くなっていることが多いので、自分の息を強くすることで、克服への第一歩が見つかり易くなることがあると言います。体の酸素のペースを促す結果、滞っていた何かもペースし始め、さぞかし喜ばしい解決方法が見つかることでしょう。http://toryanse.rash.jp/