アーカイブ | 11月 2016

7月は気持ち良い平均温度で推移して

今年の7毎月のレベル温度は毎年によって低め、前月から日和予報のウェブページを数回チェックしたら、7毎月はレベルから気持ち良い動きの予報、今回は予報がなかなかよかったということですね。
天候予報というと一週で7お日様の予報も四六時中見ていると変化するのに、はじめか月単位の天候予報のほうが正確に間近いというのも貴重な感じがします。
今月中旬の土曜日の伝言ではつゆ明けが不透明だとありましたが、週末に予報をチェックしてみたら域別での天候予報ウェブサイトで傘ポイントは消えていた。温度は30℃以内ですがこれならつゆ明けそうな思いもしますね。年々5月間の初夏から時分が進めば、今夏はこういうくんであるという長期間予報があり、ガイドブックのくんでもある今年も暑いだという解説が例年のことですが。
日和変貌という点で台風が鈍いとか疑問点はありますが、気持ちいい夏季もいいなと感じる今年の7月、節約はメリットですがそれよりもさわやか項目、ニュアンスが純化というのがいいです。遥か数百キロ航海など出掛けなくても良いニュアンス、森林浴やトレッキングもできればそのほうが健康的ではありますけれど。今月の7月も残す点半月幾らか、暦での夏季としては立秋までですが、8月はどのみたいでしょう。http://xn--lineid-143e5a9a0zx390alhh063dhelvy9by5drsv.com

この投稿は2016年11月21日に公開されました。

話題のスポット渋谷ヒカリエでランチ

空模様が良かったので、久しぶりに渋谷東口のヒカリエに製品を見に行きました。
渋谷駅前は東急線の再研究中で、近くは覆異がされてる中に大型のクレーンや工事電車などがあり工事ミドルでした。大型のビルが2棟建設浴びるそうです。
いま僅か暑くなってきたからか、店内のあちこちの塀には観葉植物が埋め込まれて涼しげなマネジメントがされていました。
店内のライトだけでは日照不完全になりそうですが、調節はどうしてしてるのでしょうか。
店内では「いいねNIPPON」という特集を通じてあり、所々の職人の手動による製品グループがディスプレイされていました。
カバン、考え、刷毛など丁寧に作られた物品はすさまじさがありました。
費用は大きいので購入することは難しいですが、品質の良いものは長期使い込んでも壊れたり止めるので一部分欲しいなと思いました。
製品サロンではガラス容器に入ったモスと多肉植物のちっちゃなテラリウムものの内側が素敵でした。
ペイントしたブリキ缶や吊り下げられたワイヤーに豆観葉をあしらったものが飾られていて園芸欲しいなと思いました。
が、賃料を見ると数千円で園芸サロンと比べるとちょこっと割高で諦めました。
けれどもグリーンを飾り付ける相応しい参考にはなりました。住居における缶をペイントして鉢補填を作ってみたいですね。公式サイトはココ

この投稿は2016年11月19日に公開されました。

地雷心頭に至った瞬間こそ呼吸法は効果を発揮する

とあるアベックの話ですが、女性は毎朝弁当を作ってご主人に持たせている。胴身の回りが気になり始めたそのご主人は、糖質基準シェイプアップにつき「明日から弁当のディナー切り落としといて」といったすぐさま女性に頼んだそうです。弁当器がおんなじなら、ディナーを減らした分副食を増やさなければなりません。それを前日に軽々しく言ってきたご主人にカチンときた女性は「さっさと言われても、手配に手間がかかるでしょ!」と地雷口調で返してしまったそうです。そうすると今度はご主人が「冷蔵庫の中の物を適当に詰めればいいだけだろ!」と言い、揉め事になってしまいました。毎朝それなりに工夫して弁当を作っていたので、翌朝になっても女性の地雷は収まらず、調理もしないで素材を本気で詰め込もうとしたそうです。但し一息入れるため冷静さを取り戻すことができ、いっそ正しく手間をかけて作って引き上げる!って思い直したそうです。その日のミッドナイト、ご主人の方法から謝ってきて、アベックゲンカは無事に終わりました。その女性は、少し前から、今どき話題になっている息づかい法を習っていたそうで、地雷心頭に至ったときに一息つけたのは、息づかい法のお陰さまだと同僚に話したということです。地雷をやわらげる息づかい法もあるそうで、こんなにも効果があるなら、私も学んでみたいと思いました。http://www.rettmeeting.org/

この投稿は2016年11月11日に公開されました。

藤田菜七乳幼児ジョッキーから笑いが消えた原因

16世代振りのJRA母親ジョッキーとして注目された藤田菜七乳幼児ジョッキー。今日4勝を上げて検討していると思います。
ただ、同期の駆け出しの中ではスゴイ騎乗数での4勝は物足りないと言われてしまっても仕方ないと思います。
2たびの落馬もチャレンジ、幸運に大事に至らなかったようですが、本当の競馬の怖さとか難しさを痛感しているかもしれませんね。
笑顔で気違いに答えることも少なくなってきました。
競馬は娯楽の世界中だ。今は題材性もかり、騎乗頻度は多いと思いますが、勝てなくなると一気に載せてくれなくなります。
メディアの直撃もひと段落していると思いますので、もう一度わたしを見つめなおして、将来どうしたらいいのかを考えて欲しいなと思います。
よりストイックに競馬に取り組む期間だ。
ひよっこの我らに言われなくても本人がベスト分かっている要所。どこが腹黒いかなんかも分かっているというんです。
真価以上に名物が先行してしまった感覚があり、自分も耐え難いです、
ただ、依然通年も経っていないのです。何とかいただいたチャレンジを見込める機会に頑張ってほしいとしてある。
やっぱり母親ジョッキーがいると華やかになります。今までの母親ジョッキーのように辞めてしまわずにこれからも活躍してほしいとしてある。

この投稿は2016年11月1日に公開されました。